後関 裕士 -薪窯で焼く-

2024.6/20 (木) – 6/29 (土)
11:00 – 18:00 (日・月定休)
● 作家在廊日 : 6/20 (木), 21 (金) , 22 (土)
 
偶然手に取り、記憶から離れない先人の茶盌との出会い。
ただ器の形をした造形から、多くの事を感じて下さる方々との出会い。
先人の作品や、自作を縁に出会った人々との影響から生まれるその作品は
自身の作為によるものというよりは、自分の手を介して偶然できたモノで
あるような気がすることが多々あります。
そんな出会いによるゆるやかな
変化は楽しくもあり、かけがえのないものです。
大阪でもまた良い出会いがあることを祈っています。

後関 裕士

 

学生時代 鯉江良二の茶碗に衝撃を受け、長次郎や光悦の茶碗に緊張感を感じた。
楽代々の茶碗は 400 年の時を経ても訴えて来る不思議な力を感じると言う。縁あって備前の人間国宝 伊勢崎淳氏の下で修行してきた。
彼の茶盌は 古典と若い感性が混じって魅力がある。
北関東の山に居を構え 森の木をチェーンソーで切り倒し その木材で薪窯にする。
彼の才能の応援団になりたい。

 

上方銀花 神立 順子

後関 裕士
1988 年、千葉県出身。
2013 年、東北芸術工科大学芸術学部美術科陶芸コース卒業。備前焼重要無形文化財 伊勢崎淳に師事。
2017 年、独立。
2019 年、茨城県常陸大宮にて築窯。
2021年、グループ展「Magic of tea bowl」 (Ippodo Gallery New York)。日本橋三越本店にて個展。
2022 年、個展 ( 銀座一穂堂 )。Design Miami 出品 (Ippodo Gallery New York)。
2023 年、Philadelphia International Tea Bowl Exhibition 招待出品。

 


-涼を楽しむ-

2024年6月12日(水)〜6月29日(土)

太陽の照りつける夏に向けて、涼やかな作品が集まります。

 

小谷栄次(倉敷ガラス)
角居康宏(錫)
扇田克也(ガラスオブジェ)
荒川尚也(ガラス)
清水久美子 (帽子)
藤平寧 (陶器)

 

 



ギャラリー上方銀花 リニューアルオープン
2024年4月4日(木)

ごあいさつ
文化出版局「季刊銀花」から名前をいただき 1986年この地・東大阪小阪にギャラリー上方銀花が生まれました。
当時、西洋に憧れる人の多い中、日本文化の花を咲かせたいと大いなる夢を持って、
昭和平成、令和と38年近い時が流れました。
ひたすら日本人の作る美しいモノを楽めて、絵画、陶芸、木工、染織など婦人雑誌「ミセス」などの
グラビアから抜け出したような工芸品衣と住の個展をして話題になり続けました。
最近 日本人の美意識や価値観、社会のあり方も変わってきましたが
今こそ止めをかけるべく上方銀花 Classic をオープンし
もう一度日本の先達として導いて来たアーティストやリーダーたちを迎えて
この地に文化の風が花吹雪のように舞い 文化の花を咲かせたいと思います。
上方銀花は大阪の文化に誇りを持っています。京都でも東京でもなく大阪です。
大阪は近隣に伝統文化発祥の地・奈良や京都、貿易で栄えた神戸、
堺には茶の湯の千利休、商売の街として人々は明るく楽しい方言に人情ありユーモアあり
文楽や上方歌舞伎や落語など豊かで贅沢な文化の地です。
谷崎潤一郎の「細雪」の主人公の女性たちや旦那衆の贅沢な装い、
そんな着物や工芸品を上方銀花は集めます。
人生がかけがいのないモノを見つける旅であるとしたら
上方銀花の扉を開けてください。
上方銀花 神立順子

 


 

【2022.8.16日発売の古美術・骨董をメインにした『目の眼 』9月号内の京都迷店案内にて上方銀花ヒストリーが掲載されております。】

取材して下さいました上野氏、お写真を撮って下さった安藤氏に心より感謝申し上げます。

笑い声しかないとっても楽しい時間でした!!

https://kyotomeiten.com/

 

 

 

 

開催スケジュール

6月20日から
後関 裕士 -薪窯で焼く-
開催中
- 涼を楽しむ -
終了
鈴木紀代子 -草木染と手織紬と葛布-
常設にて展示中
矢澤金太郎 指物家具展 
 
  • 展覧会情報Exhibition

    開催中の展覧会やこれから開催予定・過去に行った展覧会の一覧のページです。

    詳しく見る
  • 取扱作家Artist

    上方銀花の作家一覧のページです。様々なジャンルの作家を取り扱っております。

    詳しく見る
  • あなただけの
    オーダーメイドorder made

    これまで特注で制作したオーダーメイド作品のページです。

    詳しく見る
  • 作品購入後の
    修繕・維持についてAfter

    着物のお手入れ、陶器の割れなどの修繕にご対応できます。

    詳しく見る
  • 交通・アクセスAccess

    ご来店方法はこちら。東大阪市の近鉄奈良線 「河内小阪駅」が最寄り駅です。

    詳しく見る
  • 上方銀花についてInformation

    東大阪小阪の地で32年。ギャラリー 上方『銀花』の紹介ページです。

    詳しく見る

お知らせ / NEWS


  •  
    ギャラリー上方銀花 リニューアルオープン
    2024年4月4日(木)
    『晴れのきものと工芸のきもの』
    -スタイリスト 原由美子好みのきもの-
     
    ごあいさつ
     
    文化出版局「季刊銀花」から名前をいただき 1986年この地・東大阪小阪にギャラリー上方銀花が生まれました。
    当時、西洋に憧れる人の多い中、日本文化の花を咲かせたいと大いなる夢を持って、
    昭和平成、令和と38年近い時が流れました。
    ひたすら日本人の作る美しいモノを楽めて、絵画、陶芸、木工、染織など婦人雑誌「ミセス」などの
    グラビアから抜け出したような工芸品衣と住の個展をして話題になり続けました。
     
    最近 日本人の美意識や価値観、社会のあり方も変わってきましたが
    今こそ止めをかけるべく上方銀花 Classic をオープンし
    もう一度日本の先達として導いて来たアーティストやリーダーたちを迎えて
    この地に文化の風が花吹雪のように舞い 文化の花を咲かせたいと思います。
     
    上方銀花は大阪の文化に誇りを持っています。京都でも東京でもなく大阪です。
    大阪は近隣に伝統文化発祥の地・奈良や京都、貿易で栄えた神戸、
    堺には茶の湯の千利休、商売の街として人々は明るく楽しい方言に人情ありユーモアあり
    文楽や上方歌舞伎や落語など豊かで贅沢な文化の地です。
    谷崎潤一郎の「細雪」の主人公の女性たちや旦那衆の贅沢な装い、
    そんな着物や工芸品を上方銀花は集めます。
    人生がかけがいのないモノを見つける旅であるとしたら
    上方銀花の扉を開けてください。 上方銀花 神立順子
     
    『スタイリストとしてのレジェンド原由美子氏を迎えて
    -日本女性の装い・着物文化について-
    原由美子好みのきものコーディネートと講演会』
     
    2024年4月4日(木)
    1. 午後1:00~2:30
    2. 午後3:30~5:00
    ・各回定員 20名
    ・申込締切 3月25日
     
    原由美子(はら ゆみこ)
    父は著述家原奎一郎、祖父は総理大臣原敬。
    1970年に女性誌「アンアン」創刊準備室に参加、72年からスタイリストの活動を始め、多くの雑誌にスタイリストとして関わる。
    73年からパリコレクションの取材を始め、コレクションレポートやファッションコラムを執筆のほかファッションディレクターとしての活動も。
    著書に、『原由美子の仕事 1970→」(ブックマン社)、「原由美子のきもの暦』(フィガロブックス、CCCメディアハウス)などがある。
    現在も着物のスタイリング、ディレクション、執筆なども行う。
     

  • 2022.8.16日発売の古美術・骨董をメインにした『目の眼 』9月号内の京都迷店案内にて上方銀花ヒストリーが掲載されております。

    取材して下さいました上野氏、お写真を撮って下さった安藤氏に心より感謝申し上げます。

    笑い声しかないとっても楽しい時間でした!!

    https://kyotomeiten.com/