松形恭知 作陶展 ―飴釉の器―

松形恭知

会期:2017.10/13(金)~10/23(月)

          

[陶歴] 1997年 第71回国展入選
1998年 第2回益子陶芸展審査員特別賞
1999年 第15回日本陶芸展入選
2000年 日本民藝館展入選
以後、国展、益子陶芸展、日本陶芸展、
日本民藝館展などに入選、入賞を続ける

2006年 国画会工芸部準会員推挙
    現在地に築窯
2014年 第88回国画展 準会員優作賞
2016年 国画会工芸部会員推挙
以後、各地で個展を続ける


柳宗悦は、無名の職人が暮らしの中から生み出した
日用雑器の中に健やかな美しさがあることを見出し、
民藝運動を展開しました。これに共鳴した濱田庄司、
河井寛次郎、バーナード・リーチらは、自らの創作に
このような美を取り入れ、清新な作品を創りました。
 三名窯におきましても、先達に学び、暮らしの中で
使っていただけるような器を作ることを目指しております。
          三名窯 松形恭知
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上方銀花では、久しぶりの個展です。
これからの季節に、松形氏の温かな器を
ぜひ、ご高覧くださいませ。
           

戻る