輪島・西端良雄 木工展

ado

会期:2017.9/29(金)~10/9(月)

          

「敷居の高い輪島塗を身近に愛されるものに…」と
西端良雄氏の挑戦は始まりました。

木の声に寄り添い、自然のままの美しさを最大限に生かしながら、
木地から漆までを西端氏の一貫作業によって作り出される作品は
唯一無二の存在感があります。丈夫で使いやすく、お手入れも
気負わない。そして、使う程に艶を増し、変化が楽しめる器たち。
近年は、ロクロならではのカタチの面白さや木の杢目の美しさを
再認識され、一点一点気持ちを集中してじっくりと作品造りに
取り組まれ、様々な挑戦をした驚きの作品まで生み出されます。
30年を経て上方銀花は、西端氏に惜しみない拍手を送ります。
ぜひ、ご高覧くださいませ。
           

戻る