柳崇のきもの 洛風林の帯 展

柳崇のきもの 洛風林の帯 展DM

会期:2010.10/15(金)~10/25(月)

ふっくらと空気をはらんだように軽く、身に纏うとしっくりと身体に馴染む。
柳崇氏のきものは父・柳悦博氏から受け継いだ理念のもと、糸選び、撚糸、精練、糸染め、織り、と全てを自ら手掛けられます。
徹底した、糸と天然染料へのこだわりが生み出すきものは、端正であり華やかな艶があります。
今回、柳氏の作品をこれほど集めることが出来ましたのは、何処にも真似出来ない上方銀花の誇りです。

「真実に美しいものは常に新しい」と、工芸の道の無限の美を追求する洛風林の帯。
日本の伝統と、独自の洗練された趣向に満ちあふれた作品は、新鮮な美しさとの出会いを感じさせます。

白洲正子氏や、伊兵衛工房の高林淑子氏をも魅了した作品を、ぜひご高覧下さいませ。