開催中

誉田屋源兵衛 帯展 ~浮御憧と伏静美憧~


2002年、宮沢りえさんが純白の着物を身に纏い透き通るように 透明で

なんとも可憐な姿は人々を魅了し、美しさに驚きました。

纏っている着物は日本の原種の繭である小石丸。

誉田屋源兵衛は 途絶えた繭を復活・継続し

日本の染色技術の活性化に努めました。

今回、その小石丸で作られた帯が「浮織・伏静織」として

誉田屋 源兵衛によって織物の究極美を表現されました。

織物の美は、対極にある浮織と伏静織の美を極める歴史でもあり ます。

それぞれが豪華と洗練の追求をし続け、その比肩する美は 優劣つけがたく

我々を憧れとともに魅了し続けてきたのです。

誉田屋源兵衛が魅せる日本の美を、ぜひご高覧くださいませ。

 

他の展覧会を見る/ More Exhibition