写真家を目指して訪れたアフリカの大地で触れた「土のぬくもり」に魅せられ、陶芸の道へと転身。
 唐津の中里隆氏のもとで修業され、その後独立。
 自分に適した土を探して越前に開窯され、伝統的技法を用いながらもシンプルで現代的な感覚あふれる作品を生み出す村田紀之氏。
 「土は越前、焼は唐津」と粉引や藁灰釉を中心に、土と語らいながら作られた毎日使える器の数々を、ぜひお手に取ってご高覧下さいませ。
 皆さまのご来廊をお待ちしております。
















Copyright(c) KamigataGinka. all rights reserved.