瀬戸本業窯の七代目・水野半次郎氏は、原料の土や釉使いにおいて、また人々の暮らしの必要に応じた器づくりという点において、鎌倉以降の本業焼生粋の伝統を継承する唯一の陶芸家です。

 本業土という半年以上寝かせた瀬戸独特の白い土、たっぷりの釉薬と実用的な造形。300年前と同じ技法で作られる水野氏の器には、使うほどに増す『使い味』があります。
 古くから多くの料理人にも愛されてきた、次世代に伝えたい本業焼の器。用の美を追求する、堅牢で美しい仕事をぜひご高覧下さいませ。
 皆さまのご来廊をお待ちしております。














Copyright(c) KamigataGinka. all rights reserved.