一枚の金属の板から、鍛金技法を用いて一打ち一打ち作りあげられる伊藤祐嗣氏の仕事は、花や食材を生かしてくれる、丈夫で使い込む程に味わい深くなる器です。

 中でも人気の高いものが、パエリア鍋やかぼちゃのような丸みのある銅のお鍋です。
 あたたかな雰囲気がなんとも可愛らしく、使うたびに気持ちも丸くしてくれるようです。

 日々の暮らしとこころを豊かにしてくれる美しい仕事を、ぜひご高覧下さいませ。
 ぜひご高覧ください。皆さまのご来廊をお待ちしております。

※伊藤祐嗣と作品に関するお問い合わせはこちらから・・・。







伊藤祐嗣 金工展
  2006.7.21 [fri] - 7.31 [mon]
伊藤祐嗣 鍛金展 「生活にとけ込む 金、銀、銅、黄銅、鉄のすがた」
  2001.2.23 [fri] - 3.6 [tue]

※伊藤祐嗣と作品に関するお問い合わせはこちらから・・・。

企画展履歴へ戻る
取扱作家一覧へ戻る

Copyright(c) KamigataGinka. all rights reserved.