佐藤 勝彦(さとう かつひこ )

Katsuhiko Sato


昭和15年(1940)3月7日、満州大連市で生まれる。 昭和22年(1947)貨物船にて日本に引揚げる。 母親の里岡山県上房郡に落ち着く。小学校、中学校、高校時代をこの地で過ごす。 昭和33年(1958)鳥取大学学芸学部に入学。 昭和35年(1960)重度の結核と診断され、岡山県結核病院に入院する。 昭和36年(1961)奇跡的に健康を回復し、郷里で療養する。 療養生活の間におびただしい量の絵を次々と描く。 昭和38年(1963)私立奈良帝塚山学園教諭となる。 昭和39年(1964)結婚。骨董に興味を示し、毎日骨董屋通いをする。 昭和43年(1968)東京で中川一政展を見て大きな刺激を受け、奈良に帰るや猛烈に描き出す。 昭和44年(1969)奈良県立文化会館で油絵と書と水墨の個展を開く。 昭和45年(1970)個人誌「雲」第一号を発行する。 昭和46年(1971)信貴山成福院の襖に絵や書をかく。 昭和48年(1973)初の著書「ええがな ええがな」を出版する。 昭和49年(1974)陶芸家辻村史郎氏氏の作品に刺激され、やきものを始める。 発行部数7万部の季刊誌「銀花」の一冊ごとに一枚の肉筆画を挿入した 「佐藤勝彦現代仏道人生」特集号発売される。 昭和52年(1977)森英恵の第一回パリオートクチュール展に 勝彦の描いた衣装発表さる。 「ありゃせん ありゃせん」(文化出版局)刊行。 昭和53年(1978)ナショナアル電気毛布「ゆめ」の手描きポスター四百枚を描く。 昭和55年(1980)NHK教育テレビ「現代の絵師たち」に出演する。 「こころの書」(文化出版局)刊行。 昭和56年(1981)葉圧の作品集「佐藤勝彦の世界」(あすか書房)刊行。 昭和45年以来全国各地で個展を行い、自らも会場に出向き、多くの人々と語り合っている。 佐藤勝彦常設展
佐藤 勝彦 作品のお問合わせはこちら

他の作家を見る/ More Artist